異国の地で受けたマッサージ

マレーシアに旅行に行ったとき、オプションでオイルマッサージを受けました。
それは、お風呂にゆっくりつかったあとオイルマッサージを受けるという流れのようで、パンフレットにはきれいなバラが浮かんだ湯船につかっている人と、オイルマッサージを受けている人が掲載されていて、とても楽しみにしていました。
そして現地へ行き、マッサージを行うホテルに到着。パンフレット通りきれいで清潔な感じのホテルで安心していました。
そこで友人と別々にそれぞれの部屋に行き、マッサージを施術してくれる方が登場。
そこで困ったことになりました。施術してくれる方は中年のおばさんだったのですが、何を言っているのかさっぱりわからないのです。「英語なのか?でも今まで聞いた英語とはちょっと違うような。早すぎて聞き取れないのかもしれない…。」私は英語のヒアリングにはまったく自信がありません。いつも英語のやり取りは友人に任せきりだったので、こんなときに大変困るのでした。
とりあえず、ジェスチャーでなんとなくやり取りをして、たぶん半分もお互いが伝えたいことをわかっていないまま開始しました。
湯船につかるのですが、ぬるすぎてちょっと寒い…。でも私はそれをマッサージの人に伝えるすべがありません。我慢しました。
そしてマッサージ施術。ジェスチャーでガウンをとれ、うつぶせで寝ろ、みたいな感じで何とかやり取り。そしてマッサージ、これは文句なく気持ちよくてよかったです。
これが気持ちよくなくても、私には伝えられない…。気持ちよかったよりも安堵のほうが気持ちが勝っていました。
そんなこんなで、異国の地ですったもんだのマッサージでした。

ホームに戻る